○△きかく

上海在住、竹内健太です。アート系の企画を通して、たくさんの方達とつながっていきたいと思っています。このブログがまた新たな誰かとの出会いへとつながりますように。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブログの移転

ずーっと更新できなくて、ほぼ3日坊主の様になってしまいました。かっこ悪いです。
中国にはグレートファイアーウォールと呼ばれる偉大なネット検閲システムが張り巡らされており、FC2やエキサイトなどが頻繁に見えなくなることがあります。機嫌がいいと見れることがあるのですが、この3カ月はずっと機嫌が悪くついにあきらめました。おそらく今でも、機嫌が悪いです。そのため、このブログを引っ越しすることになりました。引っ越し先のアドレス。
スポンサーサイト
  1. 2010/07/05(月) 22:41:50|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ポイントカードはだれのためにあるの?

普段上海で生活しているとあまり考えない事に日本ではよく出くわす。今日はポイントカードの話。
青地に黄色のTマークでおなじみの有名レンタルショップ。最近は書籍、音楽、漫画、DVD、ゲーム何でも販売していて、12時まで営業しているので非常に便利…だと思っていた。

そこで、今日母に頼まれていた本を買いに行った。会計の際に、母から託されていたポイントカードを出すと「ご本人様出ないとポイントを付けられません」との対応。

確かにレンタルする場合は必ず本人でなければならないと思う。返却や延滞の問題があるからだ。しかし、この本やゲームなどを購入する場合にまで本人である必要はどこにあるのだろう?たとえば誰かのお使いで頼まれて買う場合は、ポイントは頼んだ本人のカードにつけてあげることはできない、店舗に来た本人のカードにつけるか、サービスを受けられないかのどちらかだ。もし依頼者が肢体不自由な場合はどうすればいいのだろう?つまりこの店舗の会員サービスを受けるためには足腰が健康であることも条件になってくるということか。

以前公務員が公職として出張する場合にマイレージをどうするかという問題をニュースで見た。結局どうするのかは分からないままだが、このレンタルショップに関しては、人から頼まれた場合は、サービスを受けるのをあきらめるか、買い物をあきらめるか、自分自身のカードにポイントを付けるかという三択だ。私は結局すべての商品を買う事をあきらめた。

同じことが中国であったら、99.9999%私に商品を売ってくれるであろう。雇用されている人間として、明らかに購入する意思がある者が目の前にいて、みすみす見逃すアルバイトを雇用主が見たら中国ではファイアーだろう。社員なら尚更だ。確かに会社のルールを守って、正しきアルバイト?社員の姿なのかもしれないが、会社の売り上げには貢献していないし、少なくとも家族に会員を持つ人間が買い物に来て、相手を満足させることができなかったのだ。これは、営業方針としても問題ではないか。

結局レンタルショップTは、書籍やゲームなども片手間で販売しているが、母体がレンタルショップなので、客=レンタル会員となっているのではないのか?近隣に大型店舗がない店は競合がないとでも思っているのだろうか?私は帰宅後すぐ、買う予定だった商品をアマゾンで買った。

余談になるが、実は先日同じ店でカードを持っていかないとポイントはカ後付けできませんので!と言われている。このレンタル店は他のコンビニやガソリンスタンドでもポイントが付く、お得だ、お得だと店内でも散々放送しているわりにポイントに非常に度量がせまいと思う。

テーマ:雑記 - ジャンル:ブログ

  1. 2010/03/22(月) 23:50:59|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

東京

今日から30日まで東京です。朝出発前あわてていたせいか、東京の気温を確かめていかなかった。山手線に乗っているときに自分だけコート着て冬の格好をしていることに気がついた。上海の方がどうやら寒いらしい。
東京は相変わらず忙しそうに皆動いている。道を歩くスピードも速いし、お店のサービスなんかも素晴らしい。でも、なんだか街が元気がないような気がする。実家へ行くついで寄った吉祥寺駅ビルはどうやら今月いっぱいで40年の歴史に幕を下ろすようだ、そういえば、伊勢丹も先日閉店したとか。それでも吉祥寺美術館は残るらしい。東京へ戻ってくるたびに、萩原英雄・浜口陽三という二人の大版画家の作品を眺めるのを楽しみにしている私としてはせめてもの救いか。
たまっていた葉書をチェックする。うーん、残念、釣谷輝幸さんの版画展覧会は終わった後であった。多摩美術大学の卒業制作展、これも行きたかったなあ。おや、黒崎彰先生の版画展はまだ間に合うようだ。シロタ画廊で開催中、期間中行かなくては。
  1. 2010/03/17(水) 00:14:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ウェブサイトがリニューアルされつつあります。

4月の版画展・9月の美術用品展と展覧会準備が進んでいます。諸事情で今まで余り元気がなかった弊社ウェブサイトがリニューアルされ・・・つつあります。このサイトを作ってくれているKawashima氏は私の親友でありビジネスパートナーでもあるんですが、彼の力によるものです。私はそう言うセンスは皆無だからなあ。「健太のデザインはいつもロシアアヴァンギャルド風だよね・・・」といつもKawashima氏に評価されます。いえ、評価されません。
 来週にはカタログや広告のキーデザインが出来上がるとのこと、今からとても楽しみです。
 

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/03/11(木) 10:27:58|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

美術館に作品を託しました。

今日の上海の天気は荒れ模様。そんな中4月の展覧会の為杭州から浙江美術館の学芸員が上海の自宅まで作品を取りに来てくれました。作品の状態を見て、数を数えて、梱包をし直して、トラックに運び入れて終了。と簡単そうなんですが、今度の展覧会は展示作品数も多いことから10時から結局午後3時半までかかりました.運び入れる作業の最中は大雨で大変でした。梱包が厳重なので濡れたりという心配はないのですが、あれ美術館の方、美術館に戻ってから大変だったろうなと思います。展覧会のパンフレットの話なども、少しずつ進んでいます。今回は相当ページ数も増えてるようです。いっそ出版してしまえばなんて思ったりもするのですが・・・作品は託したので、家がすこし広くなりました。嫁はそれを何よりも喜んでいます。

テーマ:アート・デザイン - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2010/03/06(土) 22:22:27|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

竹内健太

Author:竹内健太
FC2ブログへようこそ!

上海在住。中国歴13年。イベント企画人時々画材屋さん。

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

未分類 (8)
上海 (5)
杭州 (1)
版画 (1)
展示会 (0)

月別アーカイブ

FC2カウンター

リンク

にほんブログ村 海外生活ブログ 上海情報へ にほんブログ村 美術ブログへ
にほんブログ村

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。